Home > 特集 > 緊急対談 小沢一郎×小出裕章・京大原子炉実験所助教 福島第一原発を抑え込むために

緊急対談 小沢一郎×小出裕章・京大原子炉実験所助教 福島第一原発を抑え込むために●場所:京都大学原子炉実験所研究棟2F会議室 ●日時:2013年5月31日

小沢代表は5月31日、京都大学原子炉実験所に小出裕章助教を訪ね、福島第一原発事故の現状や緊急課題など、お話をうかがいました。

【対談の概略】

小沢一郎代表(以下、敬称略。小沢と表記):社民党、共産党は別として、我々は脱原発を正式に主張している唯一の政党。ドイツにも行って原発関係者・政財界の皆さんにお会いして、国民と一致して脱原発を決定したドイツで最終的に国民の決断を促したのは福島の原発事故だと。「元の日本はどうなっているんだ」と逆に質問を受けた。福島原発事故という災難があって、これを契機に原発とは決別する。そして新しいエネルギーを国策として採用すべきであると(政策決定した)。

小出裕章助教(以下、敬称略。小出と表記):ありがとうございます。

ぜひよろしくお願いします。

小沢:当面、福島原発事故の対応をどうすべきか。このままでは福島や東北だけではなく、日本の将来も危うい深刻な事故ではないか。余りにも政府の対応が甘すぎる、いい加減すぎる、今や風化されつつある。もう大丈夫だみたいな話で空恐ろしい。当面の福島の放射能、原発事故を処理しないといけない。その事についてぜひ、先生のご意見をお伺いできればと。

福島第一原発を抑え込むために(全文を見る)



人類未体験の深刻な事態が進行中

小出裕章助教

小出:やるべき事は単純です。原子力発電所が動いて、膨大な核分裂生成物を作ってしまった。

それが今や炉心にあったものが溶け落ちてしまって(メルトダウン)、どこにあるか正確に把握する事もできない状態。ただひたすら水を入れて、これ以上の破壊を食い止めようとしている。
それを2年以上続けているわけだが、破壊された原子炉の中から放射性物質がこれ以上噴き出してこないようにする、それだけです。一度に4基もの原子炉が壊れてしまうという人類がこれまで経験した事のない非常に深刻な事態が進行していて、本当にどうして良いか分からない。事故後から(対策案を)発言してきて、政府や東電に提言してきたが、やっていただけない。(中略)汚染が地下水と接触してしまうと汚染の拡散を防げなくなる。早く原子炉建屋の地下に遮水壁を張り巡らせて、炉心あるいは放射能汚染水と地下水が混ざり合ってしまうのを防ぐべきだと発言したが、それも未だにやっていただけない。これから遮水壁を造るような事を言い出している。あまりにも遅過ぎるし、政府の対応のまずさ、専門家の愚かさをつくづく思ってきた。

◆小沢代表記者会見より(抜粋引用・2013年6月3日)

原発のことも先日、大阪の京大の研究所に行って、本当にこのまま今日まで来ていることは空恐ろしいほどの大変な問題だという、冷静な科学者の話も聞いてきた。私の従来から主張を裏付けることができ、この問題は風化させてはいけない。命そのものに関わる話ですし、暮らしにも関わります。福島だけではなく地域社会に大きな関わりのある問題だ。そういう身近な国民生活ということを、大改革を前提としながら、分かり易く説明していきたい。(中略)小出先生は、科学者として「原子力に関連する勉強をずっと続けて来て原子力の危険性、恐ろしさもわかって、このままではいけないという自分自身の結論に達した」と。基本認識として、福島原発の現状について完全に一致し、小出先生の物理学者としてのお話をお聞きして、私も自分の政治的主張に科学的な裏付けもいただいたような気がして、非常に良かったと思っている。(中略)政府やメディアが、「もう収束した」、「これで大丈夫だ」、「済んだ」というような事を言うので、国民の皆さんも、「もう、いいのかな」というような気になっていると思うが、事実は、とんでもないこと。これから、本当にこれ(福島第一原発事故と放射能・汚染水の漏洩)を処理できるどうか、ということは非常に深刻な問題であって、日本の将来に大きな影響を及ぼす。今、安倍政権が原発の再稼働と新しい原発をつくっていいと、原発を外国へ売るというところまで非常に積極的なやり方を展開しているが、これはまさに、今後の日本の百年の大計どころか、千年も万年ものちまで大きな悪影響を及ぼす可能性のあることなので、なんとしてもこのことは1つの大きなテーマとして、参議院選挙にも訴えるべきであると思う。

石棺は数十年で老朽化次の世代に爪痕残す

チェルノブイリの場合は27年経って初めに造った石棺はボロボロ。今、第2石棺を造ろうとしている。福島でうまく石棺が造れたとしても30年後、40年後になれば新しい石棺を造る作業が待っているわけで、若い世代がずっと引きずっていかなければいけない困難な状況。本当に難しい課題が今、ある。(中略)野田さんが11年の暮に「事故の終息宣言」を出したが「冗談を言わないでくれ」と私は思いました。収束も何もしていない、どうなっているかも分からない、ただただ水を入れるしかないという事態に今いる。



安倍政権の輸出施策に唖然とするばかり

たくさんの下請け労働者が被曝をしながら、今この一瞬だって、事故と向き合っている。なんという事か、自民党は「今停止中の原子炉を再稼動させ、新たな原発を造る、原発をまた輸出する。それがアベノミクスの一つの主要な柱だ」とまで言い出す。なんという国だ!(中略)チェルノブイリの時には1個の原子炉が壊れたわけだが収束させるために60万人とも80万人ともいわれる軍人や退役軍人、労働者を集めて作業に当たった。(中略)海外からの労働者を被曝労働に引っ張ってくるという事も起こるのかなと。

小沢:国際的にはできません。日本人がやる以外にない。仕事ができなくなる年限を、保証してあげないと。漠然と危険だと思っていたのが、今日先生のお話をお聞きして、はっきりわかりました。

小出:ありがとうございます。政治の現場の方に、ちゃんと解ってほしいと願っていますが、安倍さんなど解っていないようで、困ったものだと思っております。

小沢:本当に困りましたね。ドイツの話ですけれども、「あれだけの事故を起こした日本人が、何を考えているんだ」と言われる。よく平気でいられるなっていう感じでした。

小出:当の事故を起こした国ですから。「収束した、これから原子力だ、そうしないと経済が持たない」と平然と言う人たちが、国の中枢にいるわけですから、恐ろしい。

小沢:本当にありがとうございました。僕は今、野党の立場ですけれども、何とかして本当に日本の将来、人類の将来を、先生のお話を参考にしながら(早期の脱原発・廃炉を)実現できるように、死ぬまでがんばっていきたいと思います。ありがとうございました。

小沢一郎代表

小出裕章助教