Home > 特集 > 国民の生活が第一 結党記念パーティー

国民の生活が第一 結党記念パーティー

ひたすら、愚直に国民の命、暮らしを守る政権樹立誓う4000人超が集い

「国民の生活が第一結党記念パーティー」が、10月25日東京都内のホテルで開かれ、会場に入りきれないほどの、4000を超える人々が、国民の皆さんとの約束を破り捨てている現政権に代わって、生命と暮らしを守る政権の樹立を誓い合いました。


開場

パーティーが始まるまでの間、10月16日から20日まで行われたドイツの脱原発の事情を視察団の視察したビデオ(松崎哲久衆議院議員が解説)が上映され、参加者一同が食い入るように見つめていました。

  • 開場の様子
  • ドイツの脱原発の事情を視察団の視察したビデオ上映
動画をみる



開会

パーティーは京野公子衆議院議員と友近聡朗参議院議員が司会を務め、「『国民の生活が第一』という政権交代の原点に立ち返った政策を国民に示し実現するために、新党を設立した」と開会を宣言。続いて山岡賢次パーティー実行委員長(代表代行)が、「脱原発で、子ども、孫たちの安心と安全を築く責任を負っている。消費税増税は撤回しなければならない。まだ間に合います。必ず撤廃します」と力強く、新党の結党とパーティー開催の意義を述べるとともに、御礼の挨拶をしました。

  • 京野公子衆議院議員と友近聡朗参議院議員
  • 山岡賢次パーティー実行委員長(代表代行)



来賓あいさつ(要旨)

山口敬一氏
全日本不動産政治連盟副幹事長兼国会対策委員長

私ども不動産業界においても、消費税、頭の痛い問題でございます。私ども住宅に関する消費税増税をなくしてほしいと議員の方々に、頼んでおります。一致団結をして今後の日本を良くしていただくために、頑張っていただきたいと思います。

三保恵一氏
福島県二本松市長

いま、二本松市には、浪江町の役場ごと3000人を超える方々が不安の中、放射能に怯え避難生活をされております。対策は遅々として進んでいません。いまこそ、脱原発、原発に依存しない新しい時代をスタートさせる大きな第一歩です。一緒に新しい時代を築いてまいりましょう。

後藤勇氏
JAみちのく安達稲作部会長 御稲プライマル株式会社代表取締役

私は稲作ですが、畜産農家も野菜農家も漁業関係者も苦しんでいます。また、原発から20キロ圏内、帰りたくても帰れない。いま、福島の状況を考えますと、消費税上げる問題でない。どうか福島のことを忘れないでください。お願いします。

大﨑梢氏
福島県郡山市在住(昨年の3月11日に第一子を出産)

私たちの願いは原発のない安心して子育てのできる環境です。天気の良い日には子どもは近くの公園に連れて砂遊びをする、そんな当たり前の日常です。これから生まれてくる子どもも含め、子どもたちの未来をどうかよろしくお願いいたします。




小沢一郎代表パーティー挨拶

小沢一郎代表が登壇、パーティー参加への御礼を述べました。小沢代表はこの中で、「このまま民主党にいることは国民の皆さんへの背信行為となる。改革を愚直に一生懸命に実現する想いで結党した。消費税の大増税は凍結、廃止が第一。原発は国民の皆さんの生命と将来の日本に大きなダメージを与える。脱原発を実現する。安心して暮らせるように、子どもや孫のために、この改革を実行しなければならない。衆議院の任期まで後10か月。今度の選挙は、国民の皆さんの生命、暮らしを守っていけるのか、デフレ経済を脱却できるのか、どうかの大きな節目の選挙となる。ひたすらに愚直に訴えていきたい」と決意を表明、支持を訴えました。

  • 小沢一郎代表パーティー挨拶
  • 小沢一郎代表、パーティー参加への御礼
動画をみる
文章をみる



乾杯の音頭

乾杯の音頭 様子1 乾杯の音頭 様子2 乾杯の音頭 様子3 乾杯の音頭 様子4

乾杯の音頭に立ったコラムニストの勝谷誠彦さんは、「私は長年小沢一郎を信じて応援してきた。経済界、大マスコミは恐竜。一人一人が立ち上がれば、恐竜なんか簡単に倒すことができる」と力強く訴えました。




候補者紹介・国会議員紹介 ガンバロウ三唱

乾杯の後は、次期衆院総選挙の第1次、第2次公認内定者、全国会議員が登壇、谷亮子参議院議員の音頭でガンバロウを三唱しました。



  • 谷亮子参議院議員の音頭
  • ガンバロウ三唱
動画をみる



閉会

閉会 様子1 閉会 様子2 閉会 様子3 閉会 様子4

東祥三幹事長が御礼挨拶に立ち、「小沢一郎という稀有な政治家を前面に出し、国民不在の政治を一新する。火の玉となって進んでいく」と表明すると、会場からは期せずして、「小沢」「小沢」と小沢コールの大合唱となり、小沢代表はこれに手を振って応えました。

パーティーには友党である新党きづなの内山晃代表、新党大地・真民主の鈴木宗男代表ほか多数の議員が参加しました。また、60か国の在京外国公館からも参加がありました。



Copyright (c) 2012 国民の生活が第一[People’s Life First] All Rights reserved.