Home > 活動報告 > 会見 > 第196回通常国会を終えて

第196回通常国会を終えて

20180720-0
7月20日、小沢一郎代表は通常国会の事実上閉会を受け、記者団からの取材を国会内で受けた。

小沢代表は今国会の総括を問われ、「安倍内閣の権力の私物化きわまれりとなったのに、安倍退陣に追い込めなかったことは非常に残念だった。野党の力不足は否めない。認識を新たにして勇気ある行動をとるべき」と答えた。

また、今後については「政権交代が起こりうるシステムを国民自身がつくらないといけない。野党にも国民にもそうする力がない。つけは国民が払うことになる。野党が力を合わせることが大事」と語った。