Home > 活動報告 > 国会活動 > 参議院本会議強行開会を受け与党に強く抗議 参院野党5会派

参議院本会議強行開会を受け与党に強く抗議 参院野党5会派

20180309  

3月9日、与党が参議院本会議を強硬に開いたことを受け、参議院野党5会派の国会対策委員長が抗議の記者会見を行った。

発表された野党共同声明文は、野党の合意のないまま本会議が開かれること、疑惑が持たれている財務省所管の法案が議案となっていることから、本会議の開催は到底認められない、と与党に対し強く抗議するものである。

希望の会(自由・社民)国対委員長の木戸口英司参議院議員は、「近畿財務局が毎日新聞に開示した資料はこれまでの政府答弁を完全に否定するものである。この決裁文書は改ざんの決定的証拠となるものである。もはや財務省、一部の官僚の責任などではなく、安倍内閣そのものの責任が大きい。これからも我々はしっかりと追及をし、一刻も早く内閣、総理退陣を求めていきたい」と記者団に述べた。


野党共同声明文はこちら→
「野党共同声明文」(全文)(PDF)