Home > 活動報告 > 国会活動 > さらに強く要求「裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会」開催

さらに強く要求「裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会」開催

20180227  

2月27日、「裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会」が国会内で開かれた。

先般、与党に「平成25年労働時間等総合実態調査」の再実施、「働き方改革」関連法案提出の見送り、佐川国税庁長官らの証人喚問を申し入れたところ、回答がゼロに近いものであったため、さらに強く求めていくため再度緊急に院内集会が開かれることとなった。

自由党から参加した森ゆうこ幹事長代理は、「我々は駆け引きなんかしていない。これは人の命にかかわる問題。国会議員はここが正念場。野党は勇気と誇りと自信を持ってともに戦いましょう!」と力強く呼びかけた。