Home > 活動報告 > 国会活動 > 「働き方改革」関連法案提出見送り等与党へ要求 野党幹事長・書記局長会談

「働き方改革」関連法案提出見送り等与党へ要求 野党幹事長・書記局長会談

20180221  

2月21日、野党幹事長・書記局長会談が国会内で開かれた。

今会談では以下4点を政府・与党に求めていくことで合意。また2月23日12:00から「裁量労働制再調査と佐川国税庁長官らの証人喚問を求める野党合同院内集会」を開くことに決まった。

自由党から出席した玉城デニー幹事長は、「与党はメディアを通じて観測気球を上げる、このやり方を許してはダメ。通告しても来ない佐川氏にはこちらがもっと強い態度で臨んでも良いと思う。委員会に役人を呼んで、来ないなんてとんでもない話。国会軽視以外にない。自由党は衆議院に予算委員はいないが出来る限りの協力をする」と述べた。

会談で合意した4点は下記の通り。
○「平成25年労働時間等総合実態調査」の再実施を含む裁量労働制についての全般的な再調査
○「働き方改革」関連法案の提出見送り
○佐川宣寿国税庁長官、安倍昭恵首相夫人、加計孝太郎氏の証人喚問
○与野党幹事長・書記局長会談の開催