Home > 活動報告 > 国会活動 > 安倍総理は臨時国会を速やかに召集し説明責任を果たすべき 4野党幹事長・書記局長会談

安倍総理は臨時国会を速やかに召集し説明責任を果たすべき 4野党幹事長・書記局長会談

20170704
7月4日、4野党幹事長・書記局長会談が国会内で開かれた。

今会談では、以下4点が確認された。
○北朝鮮のミサイル報道について。国際社会への度重なる挑発行為に4党で強く抗議する。
○憲法53条に基づく臨時国会の速やかな召集を要求する。
○閉会中審査の十分かつ充実した審議を求める。
○前川前事務次官、安倍昭恵夫人の証人喚問を引き続き求める。また、稲田朋美防衛大臣の即刻罷免を求める。

会談に出席した森ゆうこ参議院会長は、終了後の共同会見で「安倍内閣は総辞職すべき。『こんな人たち』発言、これは国民を敵視する大きな問題であり決して許されない。友達にはどんな便宜も図ってあげる。敵視する者にはあらゆる手段で弾圧する。これを『常識的な発言』という官房長官をみても、この内閣はまともな判断力がない。即刻総辞職を」と安倍内閣を強く非難した。