Home > 活動報告 > 声明・談話 > 新潟県知事選挙の結果を受けて

新潟県知事選挙の結果を受けて

平成28年10月16日
代表 小沢 一郎


 このたびの新潟県知事選挙において、わが党を含めて野党三党が推薦した米山候補が勝利をおさめたことは、危機的状況にある現在の日本の民主主義に一石を投じたという意味で、極めて大きい政治的意義を持つものと認識している。

 時間のない中、米山氏は本当によく戦い、最終的にこのような素晴らしい結果をおさめた。

 原発立地県である新潟県で、原発再稼働反対を明確にして戦った米山氏が勝利したことは、明らかに「原発反対」という民意のあらわれである。先の鹿児島に続き、原発反対派の知事が誕生したということは、安倍政権と与党に対する地方の怒り、抗議が具体的なかたちになったものと考えられる。

 なお、今回は残念ながら完全な体制での野党共闘とはならなかったが、引き続き安倍政権を打倒するというその一点において、政権交代可能な野党共闘を積極的に進めるべく、わが党としても引き続き全力で活動して参りたい。