Home > 活動報告 > 声明・談話 > 東日本大震災から5年を迎えて(談話)

東日本大震災から5年を迎えて(談話)

平成28年3月11日
代 表 小 沢 一 郎


 あの忌まわしい東日本大震災発災の日から今日で丸5年の月日が経過致しました。本当に多くの皆様の尊い命が、そして、人々の生活が奪われました。
 改めまして、犠牲となられた方々に哀悼の誠を捧げますとともに、被災され、今なお不自由な生活を余儀なくされておられる皆様方に心よりお見舞いを申し上げます。

 あれから5年。これまで国、県、自治体が早期復興を掲げ、一丸となって復興事業に取り組んで参りました。この間、地元負担を大きく増やそうとする動きに対しては、我々としてもしっかりと「否」と言い、また、時に散見された国と現場との行き違い等についても、是正すべく全力で取り組んで参りました。
 こうした皆様方の復興へ向けた固い意志と行動の賜物として、「インフラ」としての「まち」は徐々に出来上がりつつあります。港や道路、土地の嵩上げなど、一部に遅れている部分はありますが、だいぶ目鼻はついてきました。

 しかし、最大の問題は、人々の「なりわい」の回復であり、これによって街の「にぎわい」をどうやって取り戻せるかに尽きると思っています。
 また、不自由な仮設住宅での暮らしをされている方々にとってのコミュニティの再生とメンタル面でのケア・サポートなど、まだまだ継続的な支援が必要な分野も多くございます。
 したがって、我々としてはインフラ面での復興の遅れを取り戻すとともに、ソフト面で噴出しているさまざまな問題について予算措置も含め、より柔軟かつ十全たる対応をとっていかなければならないと確信を致しております。何より地域の皆様の声を引き続き丁寧に拾い、一つひとつ粘り強く解決していくという地道な作業が肝心であります。

 一日も早い復興・再生。そのために、私どもは引き続き最大限の力を傾けて取り組んで参ります。